自動車損害賠償責任保険【強制保険】の必要性と知っておきたい基礎知識

保険の極意を伝授!

自動車損害賠償責任保険(強制保険)とは?

自動車損害賠償責任保険は、
基本的に必ず加入しなければならないもので、
そのために「強制保険」とも呼ばれています。

事故発生の場合の
被害者救済を第一目的としているため、
対人賠償限定の保険。

「対人」というのはイコール被害者のことで、
加害者のケガ等はこの保険の対象外となります。

支払い限度額は

  • 死亡で3000万円
  • ケガは120万円

で、後遺症については程度に応じます。

十分な保証が欲しい場合は、
やはり任意保険にも加入することは必要となってきますが、
いずれにせよ自賠責保険には最低限加入の必要があります。

自動車損害賠償責任保険の必要性

自動車損害賠償責任保険は、
最低限の補償です。

万が一に誰かを事故で傷つけ(もしくは死亡させ)、
その加害者が経済的に賠償金を支払えない場合でも、
この自動車損害賠償責任保険に入っていれば
一定額まではきちんと賠償金が支払われます。

事故は思いがけず起こるもので、
しかもよく言われるように「無過失責任」。

つまり、歩行者が悪かろうが、
運転者に何もミスはないと思われるケースであっても、
相手がケガをしたなら賠償責任が生じます。

不条理とも思われますが、
こうした場合に備えるためにも
自賠責保険は必要なのです。

スポンサードリンク