車の購入・所有にかかる税金と知らないとヤバイ基礎知識

車の維持にはこんなに税金が!?

自動車税

自動車税は年に1回、
毎年ずっと4月1日の所有者に対し、
課せられる税金。

税額は、

  • 自動車の種類
  • 用途
  • 排気量

などによって決まりますが、
ざっくり言うなら軽自動車は安く、
大きい車になれば高くなります。

軽自動車は市町村、
そのほかは都道府県に納めます。

重量税

重量税は毎年ではなく、
新規登録時と車検の際に
自動車の重量等に応じて課税されます。

重量税は国税で、
都道府県や市町村ではなく
国に対して納める税金。

2012年5月1日から変更され、
エコカー減税適用者が
0.5トン当たり5000円/年から
2500円/年になるなどの
変更がありました。

取得税

取得税は、
自動車の取得に対して課税されるもの。

都道府県、市町村の
道路整備費用に充てられる税金です。

納税義務者は自動車を取得した者ですが、
ローン購入などで売主が所有権を留保していても、
購入した使用者が納めるものです。

取得税は購入時に1回だけ支払います。

消費税

最後は消費税です。

これはもちろん、
普段のお買い物で支払っているのと
同じ税金。

もちろん自動車は金額が高額ですから、
消費税額も高額ではありますが、
買い物をしたときにその価格に応じて支払うもの。

購入時1回限りの税金となります。

スポンサードリンク