中古車の定義と中古車購入のメリット・デメリット

今さら聞けない車の基礎知識

中古車の定義

中古車といっても
新車同様のものが販売されていたり、
中古ってレベルじゃないだろ・・・
というケースもあります。

定義としては
「一度ナンバー登録された車」
のことを指します。

このため、
実際だれかが利用して
売却した普通の中古車のほか、
試乗車などとしてナンバーをつけられた
新古車もこの定義に当てはまります。

新古車という言葉は
もう使ってはいけないため、
中古車として販売されている中に
この新古車状態のものがある場合も。

中古車の魅力とメリット

中古車のメリットはもちろん
「価格が安いこと」
というのが一番です。

予算内で好きな車を
買うというのはやっぱり難しく、
どうしても低クラスの車を
選ばざるを得ないこともありますよね。

中古車なら、
同じ予算であっても
もっとハイクラスのものを
購入することもできます。

つまりは新車で買うよりも
選択肢が増えるというのが
大きなメリットです。

中古車のデメリット

それではデメリットは?

やっぱり「古い」ことですが、
これは価格は高くなるものの
前述の新古車を上手に選んだり、
なるべく状態のよいものを
選ぶことで回避できます。

ただし、
この「選ぶ」ことが難しいのが
中古車の本当のデメリット。

素人目にはなかなかわからない
車の状態や消耗品の消耗具合、
さらには事故車であるかどうかなども。

もちろんきちんとしたお店なら
そうした情報も教えてくれますが、
お店選びで失敗すると
とんだ車を買わされる危険性もあります。

口コミで評判のよい
中古車店を選ぶことが重要です。

スポンサードリンク