車 所有権 ディーラー

※かなり得する※誰にも教えたくない車の買い替え門外不出マニュアル
車の買い替え門外不出マニュアルTOP > 疑問を今すぐ解決!車に関するなんでもQ&A > 車の所有権がディーラーの場合何か不具合はある?所有権の移転方法

車の所有権がディーラーの場合何か不具合はある?所有権の移転方法

しばしば車の所有権がディーラーのままになっていることはありますよね。
なぜ自分の車なのに所有権がディーラーなのか?所有権留保の仕組みについてご紹介していきます。

  1. なぜ車の所有権がディーラーのままなのか??
  2. 所有権がディーラーで何か困ることは??
  3. 所有権解除の方法とは?

なぜ車の所有権がディーラーのままなのか??

よくあることですが、車をローンで購入した場合、所有権留保によってディーラーが所有者となっています。

この所有権留保とは、車両引渡し時に支払い完了していない場合、その目的物(この場合は車)を勝手に処分できないようにすることが主目的。
万が一支払いが滞っても大丈夫なようにするためですね。

でも、現金払いなのに?ということもありますが、これは単なる時間的ずれ(ナンバー交付時にはまだ支払っていないなど)によるものです。

あと、印鑑証明や実印が必要なくなるのでディーラー側の都合で車の登録を早く済ませたい場合にディーラー所有にする時があります。
逆を言えば、ディーラー所有権で登録するなら印鑑証明取得の手間を省く等の手続き簡略化が可能なため、ユーザーメリットがあります。

そうした理由から所有権をディーラーのままにすることもあるので、そのあたりは担当営業マンとよく相談してみてくださいね。

所有権がディーラーで何か困ることは??

これは何も問題がありません。
あくまで所有者がディーラーなだけで、使用者は違います。

印鑑証明などの手続きを面倒と感じない、所有権を自分にしておきたいというのであれば、もちろんそれはそのほうがいいでしょう。
でも、特に何の不都合や不満(気持ちの面で)を感じていなくて、できれば手続きはなんにせよ簡略化したいというタイプの方なら、無理やり変更するメリットはないかもしれませんね。

ただし、車を手放す時にはディーラーから自分に所有権を移す(所有権解除)手続きが必要になり、その申請をすると車を手放そうとしているのが担当者にバレバレということは頭に入れておいて下さい。

所有権解除の方法とは?

まずは所有権のあるディーラーに所有権解除の部署があるので、そちらで必要書類(その場で手配してくれます)に署名捺印をします。
こちらで用意するものとしては、車検証、自動車税納税証明書、使用者の実印、印鑑証明書が必要になります。
念のため所有権解除の部署に確認しておけば間違いありません。

問題が無ければディーラーの委任状、譲渡証明書、印鑑証明書が渡されるので、先程の書類と一緒に各地域の陸運支局に持って行き申請をして、新しい車検証を受け取ります。

これで所有権解除は完了ですが、初心者が行うと半日はパァになってしまうのでディーラーとの付き合いがあるようでしたら担当の営業マンにお願いする方が無難ですね。
付き合いがあるディーラーなら、ほとんどの場合お金は取られません。

関連するコンテンツ一覧

元営業マンによる明かしてはいけない極秘交渉術!

保険の極意を伝授!

こんな時は買い替えないと絶対損

最も車がお買い得になる時期は?

初めて車を買う方向け!車の買い方と流れを徹底解説

車購入時は活用するべし!お国からのささやかな助け

車の売買及び登録に必要なもの

車の維持にはこんなに税金が!?

今さら聞けない車の基礎知識

加入していて当たり前!?いざという時のロードサービス

疑問を今すぐ解決!車に関するなんでもQ&A

Copyright © 2012-2017 ※かなり得する※誰にも教えたくない車の買い替え門外不出マニュアル Created by 株式会社ウェブエッセンス