初めて車を買う人のための展示車・試乗車見学~商談・契約までの流れ

初めて車を買う方向け!車の買い方と流れを徹底解説

お目当ての車の確認

本当にこの車で良いのかどうかを
ポイント毎に確認しておきましょう。

クルマ屋さんに行く前に、
あらかじめ確認しておきたいポイントを
いくつかピックアップしておくと
スムーズに流れます。

  • 車の大きさ
  • 視認性
  • 室内空間

など、車選びのポイントについては
”買った後に後悔しないために!自分に合った車の正しい選び方”
を参考にしてください。

試乗ができるようなら、
一度試乗してみましょう。

実際に運転してみると
考えもしなかった問題が
見えてくるかもしれないので、
ただ運転するのではなく
再確認をするつもりで試乗しましょう。

この再確認するつもりで試乗するだけで、
失敗する確率が減るのはもちろん、
余計な迷いも減り、
気持良い買い物ができるようになります。

問題なければ、
見積もりをお願いしましょう。

そしていよいよ商談です!

商談の流れとポイント

  • 車種
  • グレード
  • オプション

等を伝えて見積もりを依頼します。

車選びの段階でこの辺を
あらかじめ決めておいて、
あとは

あなた
何かオススメのオプションはありますか?

とテンポ良くいきましょう。

あらかじめ内容を決めておくことで
スムーズに流れますし、
必要か不必要かの判断も冴えてきます。

逆にこの時点で内容が決まってないと、
完全に営業マンのペースで
商談が流れてしまいますので要注意。

見積もりが出てきたら、
頑張って値引きしてもらいましょう。

値引きの交渉術については
”元ディーラー営業マンの交渉術!損しない車の値引きと得する値引きの違い”
を参考にしてください。

また、下取り車があるなら、
下取り査定してもらい
下取り金額アップを狙いましょう。

車を高く売るコツについては
”百戦錬磨のトップセールスによる知らないと損する車を高く売るコツ”
を参考にしてください。

納得のいく金額がでたら

あなた
じゃあ、これでお願いします

と言って、契約です。

契約のポイントと注意点

営業マンが注文書を持ってきたら、
サインする前に注文書の内容と
自分の要望が相違ないか確認しましょう。

  • 車種
  • グレード
  • 装備品
  • 金額

・・・等々。

口約束のもの(ガソリン満タン、部品サービス)は、
必ず注文書の備考欄にでも記入してもらって下さい。

後々、
言った言わないというトラブル防止のためと、
注文書は契約書も兼ねているので、
注文書に記入されている事が車屋さんにとって、
法律上の責務になるのです。

言い換えれば、車屋さんは
注文書に記入されてないサービス等は
提供する必要も無いですし、
色が違ってても注文書と同じ色であれば
法律上の問題は無いのです。

全て確認が終わったら、
サインして契約。

書類の説明を受けて契約終了、
そして登録という流れです。

スポンサードリンク