初心者でも分かる車庫証明の取り方と発行までの流れ

車の売買及び登録に必要なもの

書類を揃える

車庫証明手続きに必要な申請書類は
普通車と軽自動車で若干の違いはありますが、
大まかには一緒なので、
普通自動車でご説明しますね。

  • 自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書(警察署でもらえます)
  • 車の保管場所の所在図・配置図
  • 自認書
  • 保管場所使用承諾証明書

が必要となりますが、
自認書は車の使用者(所有者ではありません)
と駐車場の土地の所有者が同一人物の場合。

保管場所使用承諾証明書は
両者が同一人物ではない
(月極や、駐車場と車の所有者は父親で車の使用者は娘)
場合つまり駐車場を借りる場合となります。

この他に、
使用の本拠の位置が確認できるもの、
収入証紙、認印が必要となります。

稀に、
既に車庫証明を取得している場所に、
買い替えなどで新しく発行してもらう場合に
代替車両引き取り及び引渡し顛末書
という書類を要する場合があります。

警察署への申請

必要な書類を用意できたら、
次は申請です。

この時に収入証紙(管轄の都道府県のもの)
2000~2500円が必要になります。

金額は管轄によって多少変わるので
収入証紙は申請する警察署で
購入した方が良いです。

申請してすぐに取得はできず、
警察署にて申請をするとその後、
警察官等が実際に車庫を確認しに来ます。
(立会いの必要はなし)

この時に注意するのが、申請した駐車場に
他の車が止まっていたりすると
申請が通らないので気を付けて下さい。

買い替えで古い車がとめてある場合には、
申請時に古い車の登録番号
(ナンバープレートに書かれている内容)
を申請する必要があります。

申請方法は、
保管場所の所在図・配置図の右下に
記入する欄がありますので、
そこに登録番号を記入しておくだけです。

地域によって差がありますが、
数日後(1週間前後)に取得できます。

提出したときの指示に従い、
引き換え書をもらい
再度その日に受け取りに行くようになります。

車庫証明の取得

ここまで来たら、
あとはただ警察署に行くだけ。

申請した時に教えられた交付日時に
引き換え書を持って受け取りにいきますが、
このときも念のため印鑑は持参してください。

受け取りの際に収入証紙が
申請時とは別に500円前後必要になります。

問題が無ければ、
これで手続きは完了。

書類2枚とステッカーを受け取ります。

取得した車庫証明の有効期限は
交付の日から1ヶ月です。

新車等で生産待ちしている状態で
取得するのが早過ぎると、
期限越えのため申請しなおさないといけなくなるので
注意して下さい。

スポンサードリンク