新車のオイル交換の時期は?どれくらい距離を走ったら必要?

疑問を今すぐ解決!車に関するなんでもQ&A

新車オイル交換の必要性

近頃の新車は性能が上がっているので
オイル交換も慣らし運転も要らないと
聞くことがありますね。

でも、
やっぱりオイル交換は必要、
やっておいた方が無難というのが多数派です。

めったやたらにオイル消費が早ければ
何か不具合があるのでしょうし、
オイル漏れなどのトラブルがないかどうかも
わかるというのが必要性支持の根拠です。

新車だからといって、
絶対に不具合がない訳ではありませんからね。

それに、エンジン内部というのは
金属と金属がこすれあっているので、
必ずスラッジ(鉄粉)が出てしまうのです。

エンジンオイルは人間でいう血液なので、
ドロドロではなくキレイでサラサラの方が
ポンピングロス(摩擦や抵抗)も少なくなるのです。

オイルを替えることで少しでも快適に乗れるのであれば、
絶対に交換をオススメします。

新車オイル交換の目安(距離・時期)

では、
新車のオイル交換は
いつごろやればいいのでしょうか?

昔は距離でいうと
1000キロくらいが目安でした。

しかし最近のエンジンはかなり性能が向上し、
新車時のエンジンオイル(初めから入ってるオイル)
にはモリブデン等といったエンジン内部を
コーティングする成分が入ってることが多いです。

なので、
昔のように1000キロくらいで
変えてしまうのは逆効果!

3000~5000キロで
替えるのがベストです。

時期でいうと、新車を購入すれば
ディーラーが1ヶ月点検と6ヶ月点検をしますから、
通常は6ヶ月点検のときに換えるくらいが
ちょうど良いですね。

自分でしなくちゃ!と思わなくても、
大抵はディーラーの指示どおりにしていれば、
その車にちょうどいい時期を選んで換えてくれますが、
少しでも不安があれば確認したほうがいいでしょう。

⇒Amazonで人気のエンジンオイルって?

スポンサードリンク