新車 洗車の仕方

※かなり得する※誰にも教えたくない車の買い替え門外不出マニュアル
車の買い替え門外不出マニュアルTOP > 疑問を今すぐ解決!車に関するなんでもQ&A > 新車の洗車の仕方と絶対にやってはいけない注意点!

新車の洗車の仕方と絶対にやってはいけない注意点!

新車の洗車の仕方は、どういうふうにすればいいのでしょうか。
新車の洗車の仕方について、こちらでは正しい洗車方法と注意点、洗車機への注意などをご紹介しています。

  1. 新車の洗車の仕方と注意点
  2. 新車の正しい洗車方法
  3. コーティングの必要性

新車の洗車の仕方と注意点

新車を初めて洗車するときは、洗車の仕方にもいろいろ気を使いますよね。

ボディーコーティングされているとしても、2週間くらいは洗車機で洗うのは絶対やめましょう。
洗車そのものをなるべくしないほうがいいですが、よほど汚れた場合は水で流す程度に。

なぜ2週間なのか?というと、新車状態の塗装は表面こそ乾いていますが、塗装奥部がまだ柔らかく乾ききっていない場合もあるからです。
そんな状態で洗車機を通したりゴシゴシ洗ってしまうと、ミクロ単位の凹凸ができムラになります。

同じ理由で、水をかけた後の拭きとりは、吸水性の良いセーム革や拭き取り専用クロス等のやわらかなもので行うことをオススメします。

新車の正しい洗車方法

まずは手洗い必須で、欲を言えば直射日光の当たらない場所で行うこと。

洗車機でガーッといくのは2週間経てば一応大丈夫ですが、極力手洗いのほうが細かな傷がつきにくいです。
洗車機はブラシやスポンジで問答無用にバシバシとボディーを叩きつけるようなもので、特に黒色や赤・青といったメタリック塗装ではないソリッドカラーは小傷が目立ちやすくなります。

直射日光を避ける理由としては、水滴によるレンズ効果で塗装面を痛めないようにすることと、水や洗剤が乾くのを遅らせるためです。

正しい洗車の仕方として一番重要なのは、大量の水をかけること。

ホコリや細かなゴミを水で流します。
コーティングされていればこれで充分で洗剤は不要ですが、そうでなければシャンプーはよく泡立ててから優しく洗いましょう。
なかなか汚れが落ちないからといって、ゴシゴシするのはボディーをキズ付けてしまうだけですので、市販の専用クリーナー等を使いましょう。

シャンプーやクリーナーを使う場合は、ルーフから順番に部分ごとに洗車し、その都度水で洗い流して下さい。
ルーフを最後に洗ってしまうとその汚れがまたボディーに着いてしまいますし、一気に全体をシャンプーしてしまうと水で流す前に洗剤が汚れと一緒に乾いてしまい、拭きあげが大変になりゴシゴシして傷の原因になります。

そして、全部終わったらもう一度、車全体にタップリの水をかけてから拭きあげて下さい。

少し面倒ですが、せっかくピカピカ輝いている愛車ですから、少しでも長くその輝きを維持するために頑張って下さい。

コーティングの必要性

ワックスやコーティングはボディーに皮膜をつくり、塗装面を保護して撥水性や光沢を出し、車に輝きをあたえるもの。
なので、愛車にワックスやコーティングをすることによってキレイに見えるだけでなく、ボディーの塗装面を傷から守ったり、汚れの吸着を減らすことができるのです。

よく
「ちょっと前にワックスかけたから~」
とか
「コーティングしてあるから~」
と、ほったらかしにしている方を見ますが、全然ダメ。

特にワックスなんて長くても1~3ヶ月、コーティングなら半年~1年経つと効果はかなり下がってしまいます。

ものによって効果や持続性にかなり差がありますが、共通して言えることは回数を重ねることによって皮膜をさらに強くするこができる、ということ。
少しでも長く新車の輝きを維持したいと思うのであれば、定期的に施工するのが一番なのです。

ワックスやコーティングの必要性はご理解いただけたかと思いますが、じゃあ数ある商品の中でどれを使えば良いのか?

関連するコンテンツ一覧

元営業マンによる明かしてはいけない極秘交渉術!

保険の極意を伝授!

こんな時は買い替えないと絶対損

最も車がお買い得になる時期は?

初めて車を買う方向け!車の買い方と流れを徹底解説

車購入時は活用するべし!お国からのささやかな助け

車の売買及び登録に必要なもの

車の維持にはこんなに税金が!?

今さら聞けない車の基礎知識

加入していて当たり前!?いざという時のロードサービス

疑問を今すぐ解決!車に関するなんでもQ&A

Copyright © 2012-2017 ※かなり得する※誰にも教えたくない車の買い替え門外不出マニュアル Created by 株式会社ウェブエッセンス