自動車保険【任意保険】の必要性と知っておきたい基礎知識

保険の極意を伝授!

自動車保険(任意保険)の基礎知識

自動車保険(任意保険)は、
自賠責保険と違い、
入ることを強制されるものではありません。

ただし、
自賠責では物損に対する賠償には適用されず、
賠償額も不足してしまうため、
普通は自賠責と併せて自動車保険(任意保険)に
加入することがほとんど。

  1. 対人賠償保険
  2. 無保険者傷害保険
  3. 自損事故保険
  4. 搭乗者障害保険
  5. 対物賠償保険
  6. 車両保険

の6種に、
示談交渉サービスをセットしてあるものが
自家用自動車総合保険。

このほかにさまざまなセット内容だったり、
希望の組み合わせで契約したりなど、
それぞれの保険会社でいろいろなタイプの
保険が用意されています。

また、保険料率も
事故の危険性が少ない・事故を起こしてもケガをしにくい
などの契約者の場合は下がり、逆なら上がります。

自動車保険(任意保険)の必要性

自動車保険(任意保険)は
「任意」なんだから加入しなくても・・・
と思う方も少なくありません。

とはいえ、前述のとおり自賠責は
本当に必要最低限の補償しかされないため、
自動車保険(任意保険)に入っていないと自腹になるため、
高額な賠償金を払いきれずに困ることも。

また、自分が加害者となった場合に、
入院治療などが必要となったとしても、
自賠責では相手方の補償しかされません。

事故による休業、さらに損害賠償、
おまけに自分の車はクラッシュして入院費も必要・・・

事故が起こった場合は
こうした状況に置かれることが多いため、
自賠責だけでなく任意保険に
加入しておくことが必要となってくるのです。

もちろん、ドライバーの特性によって
保険料・保険内容などは違ってきます。

ですから、ご自分の運転状況、
車の使用状況や希望を
しっかりと業者に伝えた上で
よりよい内容の保険契約をしてくださいね。

スポンサードリンク