自動車購入時の買い方と、それぞれのメリット・デメリット

初めて車を買う方向け!車の買い方と流れを徹底解説

現金一括!

現金一括といっても、
もちろんいきなり札束を持っていって
買う必要はありません。

車のメーカーが発行している
クレジットカードで上限まで支払い、
その残りを銀行振込にしてもいいですね。

この買い方がお得感は一番ですね。

もちろんそれらのメリットを受けるためには、
現金がなければいけないわけで、
現金払いにするためにお金を貯める期間が必要であれば、
その時間がデメリットとなります。

また、
会社によってはローンを組むことで
発生する手数料が魅力的なわけで、
現金払いだから値引き率が多くなる
というわけでもありません。

賢くローンで買う

一番一般的な買い方といえば、
やはりローンでしょう。

ディーラーで組むローンのほか、
JAのマイカーローンといった
タイプもあります。

ローンであれば手数料が発生するため、
ディーラーでもローン払いを勧めてきますし、
値引き率が増えたりといったメリットがあります。

さらに、
ローンを組み、きちんと支払いをしていれば
優良な客として扱われ、
さまざまな特典がもらえたりすることも。

デメリットはもちろん金利。

家賃を払うぐらいなら家を買う!
という性格の方には、
特にこの金利を払うのが
嫌われる原因となっているようです。

急な出費が少ないリース

そして、影の人気者がリース。

次に紹介する残価設定ローンと似ていますが、
リースは借りたものであり、
契約満了してもそれはマイカーにはなりません。

メリットとしてまず
リースを選ぶ方が理由として上げる一番は
”リース料に諸費用が含まれていること”
です。

あの毎年来る自動車税はじめ、
自賠責保険料や車検代まで、
税金関係の諸費用がリース代に入っているため、
リース代以外に負担するのは
燃料代や整備料金、部品代程度。

デメリットとしては、
基本、自分の車にならない
=毎月支払わなければならない
ということです。

ローンなら支払いが終われば
あとは毎月の支払いがありませんが、
リースはそうはいきませんし、
走行距離制限があるケースもあったり、
自分の車でない分制約があります。

自由に乗りたい方には向きませんが、
維持にかかる手間を省きたい方には
ぴったりです。

毎月楽々な残価設定

残価設定ローンは、
最近では各ディーラーでも一般的となってきた
買い方ではないでしょうか。

ローン契約(3年~5年、6年)終了時の
下取り予想価格が残価。

車両購入時点で、
ローン終了時の残価設定価格をひいた金額を
設定してローンを組む方法なので、
メリットとしては月々のローン金額は
通常より低くできます。

また、まとまった頭金も不要ですし、
残価設定期間がきたときに
返却か買取するかなど、
その車を気に入ったかどうかで
選ぶこともできるのが特長。

デメリットとしては、
自分の車なんだかレンタカーなんだか
もやっとした感じがあるようなこと。

残価設定しても、
査定額が残価を下回れば、
その差額の支払い義務は生じることなどが
挙げられます。

スポンサードリンク