自動車購入に必要な印鑑の使い分けと注意点

疑問を今すぐ解決!車に関するなんでもQ&A

自動車購入に必要な印鑑

自動車購入に必要となってくるのは、
一番は実印+印鑑証明です。

ただ、
ディーラーで車のローン支払いの場合は
ディーラー名義になるので不要となりますから、
銀行ローンもしくは一括払いの場合に
ということになります。

これは陸運局の登録に使うためのものなので、
それ以外にディーラー内部で使われる書類に関しては
認印でもOKです。

ただし、
ローンを組む際に金融機関届出印(銀行印)
が必要になります。

実印とは

実印とは

住民登録をしている市区町村に届出し、受理された印鑑

のことを指します。

ちなみに条例に違反していなければ、
実印として登録することができますが、
三文判などはあまりおすすめはできません。

実印となると高価なものも非常に多く、
あんまり使わないかなと思うかもしれませんが、
安全対策のためにはやはりある程度
きちんとした実印を作っておくのがいいでしょう。

また、
盗難や偽造対策などのために、
実印を銀行印にすることは
やめておいたほうが無難です。

銀行印とは

銀行印とは銀行で口座を開くときに
登録した印鑑のこと。

実印で届けていれば
実印がイコール銀行印になりますが、
これはセキュリティ上やめておいたほうが
いいと言われます。

ただ、
よほど保管に自信があり、
なおかつ印鑑を数種類持つのが嫌だという方は、
少数ですが実印=銀行印という方もいらっしゃいます。

認印とは

例えば宅急便であったり、
ちょっとした回覧板であったり、
日常ひょいひょい気軽に使われるのが認印です。

言うまでもなく、
これに実印を使うというのは
やめておきましょう。

おすすめ印鑑ショップなら

街中やショッピングセンターなどにも
印鑑ショップはありますよね。

でも、
さていざ実印をつくろう!
と思うと、どこがいいやら・・・

そこでオススメなのは
ハンコヤドットコム
です。

納期も短く、
安価で質の良い印鑑が揃っています。

町のはんこやさんなどで、
実印を依頼したら1週間待ちだった
ということもありますし、
受け取りに再度店に行く手間も省けます。

⇒最短で即日出荷もしてくれますので急ぐ方はどうぞ

スポンサードリンク