車を買い替えた時こそ保険見直しのチャンス!損しない保険切り替え術

保険の極意を伝授!

なぜ車を買い替えたタイミングが自動車保険の見直し時なのか?

それは、
保険の見直し・切り替えに
必要な物が手元にあるからです。

人間誰しもが何かやろう、
試してみようと思った時に、
アレコレと準備するのは
面倒に思ってしまいます。

まして、今まで何も不具合が無ければ、
そのまま忘れてしまうのがほとんどですよね。

しかし、車を買い替えた時というのは、
必ず保険の車両入れ替えを行います。

まさに、このタイミング!

  • 新しい車の車検証
  • 保険会社の連絡先の書いてある保険証書
  • いつも持ち歩いている免許証

この3つが揃うのは、
保険を契約した時以来ではないでしょうか?

なので、
車を買い替えたタイミングは
見直し・切り替えのチャンスなのです。

そうは言っても、実際に保険の見直しや切り替えは必要か?

正直、
保険の見直しや切り替えが
必要ない方も多いと思います。

なぜなら、
よほど環境が変わらなければ
保険内容を変更しなくても
保証はされるからです。

あなた
だったら、やっぱり見直しも切り替えも必要ないじゃん。

と思ってしまうでしょうが、
余分なお金を払ってるとしたら
どうですか?

高い保険料を払っていれば
保証されるのは当たり前です。

気を付けて頂きたいのが、
無駄に高いのは嫌ですが、
ただ安いだけでも意味がありません。

むしろ、
必要な保証を削るくらいなら
高い保険料を払っていた方が
安心はできますからね。

いかに余分なお金を払わずに、
自分に合った保証内容の分だけを払うか?
と考えるべきなのです。

私が現役の時、
他社の保険で更新したばかりのお客様なのに、
見直してみたら数万円も余分な支払いをしてたので、
そのまま自社の保険に切り替えてもらった
事例が何件もありました。

逆に、
少し保険料は上がっても
安心を買ったと言って
切り替えてもらった件もあります。

このように、
あなたにも同じようなことが
言えるかもしれません。

具体的に自動車保険内容の何に気をつければいいのか?

よくあった事例として、
いくつかとりあげてみましょう。

運転者の限定

よく間違えるのが家族限定。

保険で言う家族とは

  • 本人
  • 配偶者
  • どちらかの同居の親族
  • どちらかの別居の未婚の子供
つまり、既婚の別居している子供は他人扱い

年齢制限

年齢を制限されるのは家族だけで、
他人には制限されません。

つまり、
若い友人等に運転してもらうことがあるので
年齢制限をしている場合、
その必要は無いのです。

ただし、運転者の限定をしていると保険自体が適応されないので注意

使用目的

月に15日以上、
運転者自ら通勤・通学に使用しているなら
「通勤・通学使用」。

最寄り駅などへの送迎は含まれなくなったので「日常レジャー」に変更して割引きできる可能性があります

ノンフリート多数割引

家族名義も含めて複数所有していると、
1本化して割引。

セカンドカー割引

同居の家族が車を新規で追加する場合、
7等級からスタートできます。

弁護士特約

家族の誰かが付帯してれば共有できます。

人身傷害補償

家族間で重複契約している可能性アリ!

車両新価特約

新車の場合、絶対に付けた方が良いです。

対物全損時修理差額費用特約

入ってないとマズイのに
意外と付帯してない場合が多いので注意。

個人賠償責任特約

かなり使える特約で、
安いのでオススメです。

対物、無制限

無制限といっても、
いくらでも払ってくれる訳ではないので注意。

新車割引

”新車購入時における自動車保険の切り替え術”
を参考にしてください。

上記はほんの一例ですが、
少しでも気になる項目があったら
保険の見直しや切り替えの必要アリです!

せっかく車を買い替えたなら、
少しでも安く安心できるように
見積もりを出してみてはどうでしょうか?

⇒ここなら最大19社から無料で一括見積もりできるので大変便利ですよ

スポンサードリンク