【知っておきたい自動車の基礎知識】ガソリン車とディーゼル車の違い

今さら聞けない車の基礎知識

ガソリン車の特徴

ディーゼル車との違いとして、
当然のことながら燃料の違いがあります。

ガソリン車はガソリンを使い、
発火させるためにプラグを使うため、
音があまりうるさくありません。

ただ、
ガソリンは常温で気化するため、
取り扱いも危険が伴うのですが、
ディーゼル車に使われる軽油なら
その心配は不要。

日本で自家用車として使う場合は
ガソリン車のほうが一般的です。

黒煙を出すことはありませんが、
その分二酸化炭素排出量が多いので、
ヨーロッパなどではむしろ地球環境に
よくないとされています。

ディーゼル車の特徴

ガソリン車よりも燃費がよく、
前述したように燃料に軽油を使うのが
ディーゼル車。

黒煙=パティキュレートマーターが出るものの、
最近はクリーンディーゼル車も登場しているため、
その問題は解消されつつあります。

ただし日本国内では
あまり人気がないのが実情。

ガソリン車と同じ力を出そうと思うと
エンジンが大きくなり、
さらに自然発火させるためにプラグがついておらず、
音がうるさいのが難点です。

二酸化炭素排出量は少なく、
クリーンディーゼルが主となっている
ヨーロッパでは環境によい車とされており、
その点で日本とヨーロッパでは
真逆の扱いといえますね。

スポンサードリンク