今話題の電気自動車【EV車】の魅力とメリット・デメリット

今さら聞けない車の基礎知識

電気自動車【EV車】の定義

電気自動車の定義は、
「モーターを動力源として走行する」
ということです。

ガソリンを使い、
エンジンを動力源とするガソリン車とは
そこがまるっと異なります。

ハイブリッドカーと混同される場合もありますが、
ハイブリッドカーは動力源にどちらも搭載してある
「混合」の車を指します。

電気自動車【EV車】のメリット

まず、当たり前ですが、
ガソリン要らず。

ガソリン価格が高騰しているようなときは、
比較してかなり安価といえるでしょう。

騒音も少なく、
走行時に二酸化炭素や排気ガスを
排出しないため、
環境にやさしい車です。

また、
ガソリンエンジンを搭載しないため、
部品数も少なくメンテナンスも容易。

夜間電力での充電のため、
燃料費という面では
非常に魅力が大きいですね。

また、停電時にどうなるか?
という問題もありますが

  • 災害時にはガソリンも流通が止まる
  • ガソリンの供給復旧より電気の復旧のほうが早い

という面も。

電気自動車【EV車】のデメリット

電気自動車は
フル充電しても長距離走行には
あまり向きません。

また、
メジャーなガソリン車とは違い、
充電できるステーションがそこらにある
というわけでもありません。
(徐々に増えてはいます)

電池自体もコストが高いため、
ガソリン車と比べて本体価格が高価です。

ただしこうしたデメリットは、
電気自動車の流通がもっと進んでくれば
次第に解消されるという展望もあります。

スポンサードリンク